OPTIMISTA

<<prev entry | main | next entry>>
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

いろいろあるさ

母子密着と育児障害
母子密着と育児障害
田中 喜美子


こういう本を見つけた。
いやぁ、この頃はさ。
抱っこできる時はしっかり抱っこしとけって育児書が多い中びっくりだよ。
添い寝は悪なんだって。

まぁ、極端な話さ。
添い寝がいいか悪いかは別として。

まぁね。
この著者の方ってのは母親からのアンケートをとったりしていろいろ統計を出してるわけですが。
確かに今の日本の子育ての現場っていうのは、母親ばかりに負担がのしかかるようにできてるとは思う。
母親が頑張って頑張ってコドモに自分の人生を全てつぎ込んでって形。
それが、今の若者の「ヤル気のなさ」「自発性のなさ」に繋がっているらしい。
添い寝がその原点とも。

この著者の言いたいことってのはすごーくよくわかるし、そうだなって納得もできるトコもあるんだけどね。

だからって…コドモを1人で寝かせるっていうのは…私にはちょっとできないなぁ。
泣いてもトントンと背中を叩くくらいで、抱っこは絶対にしないんだってさ。
でもそうしてると、驚くほど寝つきがよくなって、寝かしつけが楽になるらしい。
ううむ。
それって、泣いても泣いても誰も来てくれないから諦めたってことじゃないの?

この辺、

赤ちゃん語がわかる魔法の育児書
赤ちゃん語がわかる魔法の育児書
トレイシー ホッグ, Tracy Hogg, 岡田 美里

に通じるもんがあるなぁ。


反対にさぁ。
コドモを抱いて抱いて抱きまくれって今言われてるじゃん。
そういう本もチラホラ見かける。
育児雑誌でも散々「抱き癖なんてものはないから、しっかり抱け」と書いてあるしね。

さぁて。
両方を読んだお母さん。

混乱すること必至ですわ。

私はね。
いいトコ取りをするのさ〜。

しつけに関してはかなりいいことが書いてあったからね。
それは見習う。

寝かしつけは私は実は今あまり苦労してないんですわ。
まだミルクはいるものの、飲んで横にしてやったらすぅ〜っと夢の中。
そのミルクもいる時といらない時があるらしく、ちゃんと自分で「いらない」って意思表示をしてくれるので、半分飲んで寝る日があったり、全部飲んだり、全然飲まなかったり。
人間だもんね。いろいろあるさぁ。
で、背中のトントンだけ続けてやればあっという間に寝ることのほうが圧倒的に多い。

昼寝だけが抱っこなんだけど(でも寝るまでものすごく早い)、これも歩くようになって疲労が今よりも格段に増えたら、絶対に1人でも寝られるようになるって思ってる。

これまでだって、昼夜逆転してたり、抱っこしてないと寝なかったのが降ろしてもそのまま寝てくれるようになってきたり、月齢があがっていくごとに確実に変化してるんだし。

規則正しい生活は確立されてるから、私は自信を持って今のまま。

まぁ、ムラ食いとかの悩みはありますがね…。
これも、白いご飯とお味噌汁があれば半分は解決したようなもの。
大好きらしい…。

後はね。
ジジババにお願いするだけ。
悪いこと、危険なことをしたときは遠慮せずにしっかり叱ってもらいたい。
私の方のジジババにも夫の方のジジババにもね。
これだけをお願いしようとは思ってるんだけどね。
author: もえ
子育て | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://optimista.jugem.cc/trackback/82
TrackBacks: