OPTIMISTA

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

無題


ほんっとにちょっと目を離すとぴゅーっとどこかへ行ってしまいます。
手を繋いでくれることも多くなったけど、逃亡もパワーアップ。
トホホです。
じいちゃん情報によると、今日やっちはお茶を買いに出て車にひかれかけたらしい…。
じいちゃんが自販機からお茶を取り出すその隙に。
どんなに大人が気をつけてても一瞬の隙ってのはできるもんねぇ。
やっちもびっくりしたらしくって、怖くてすくんでたらしい。
これで少しは車の怖さを覚えてくれれば、怪我もなかったんだしいい勉強になるかも!?


最近、疲れてるクセに楽しい。
いや、今朝のようなことがある(夜までエントリーされてた内容です)と結構落ち込むんだけど、それでも前よりも立ち直りは早い。
やっちと一緒にいると悩んでいるヒマがなくなってしまうのも理由の1つだけど、なんか強くなったかも!?

夢はねぇ膨らむんだわ。
とりあえずやっちが幼稚園に行くようになったら、私はお菓子作りをするんだー。
パンも焼きたい。
ミシンも欲しい。
編み物もしてみたい。
今はぜんっぜんそういう気持ちの余裕がないんだけどね。
なんとなくそういうことがしたくてしたくてたまらなくなってきた。
なんでだろ。

計画立ててるとすっごく楽しい。
わくわくする。
お菓子の本や、雑誌を読むだけでもうれしくて。

早く幼稚園に行ってくれ〜←オイ。
author: もえ
子育て | permalink | comments(9) | trackbacks(0)
 
 

父親の育児とは


はっきりしない


題名、固そうですが。
なんてこたぁありません。
私が一番望む、父親の育児ってのがありまして。
それは…。

健康でいること!!

コレです。

だってだって、とーちゃんが風邪なんてひいて寝込んだらさ。
私の仕事は倍どころか3〜4倍くらいになるんだよー。
だから健康でいてくれるのが一番私のためになるという。

仕事して稼いできてくれるのだって大きい目で見れば育児参加だと思うんだけどね。
そのお金があるから生活できるわけだし。
とーちゃんにはとーちゃんの役割っつーもんがあって、それが我が家では「健康で働く」というものなんですよねぇ。

ま、たまにはオムツ替えてくれればなぁとか、もうちょっと手を貸してくれりゃいいのになぁ思うこともありますが。
どっちかというと、よくやってくれる方の父親だとは思います。

と、また(ココ強調)風邪ひいたらしい夫を早々に寝かせてしまってから思うのであります。

…私とやっちは元気なのに、どーして父はよく風邪ひくんだろ。
まったくもー。
絶対にホットカーペットの上でうたた寝するからだ、と私は思っているんだけど、夫はこないだのサッカーで冷えたからだと言い張っている。

camera:lomo LC-A
film:KONICA CENTURIA SUPER 400
author: もえ
子育て | permalink | comments(8) | trackbacks(0)
 
 

来た!!

baby mammothがやってきました!!
ははさんトコで紹介されてて一目惚れした雑誌。
中身も満足。


たま○よやbab○moなんかの育児雑誌はもう全然ご無沙汰してたし、毎回買うような雑誌でもないし(ヒドイ?でも毎回似たようなことを載せてるので、情報として1回買ってしまったらもうそれでオッケーぽくないです?)、いい雑誌ないかな〜と思ってたトコにタイムリーな記事だったんですよ。

写真の感じも好みだし。
なにより今回紹介されてたおもちゃたち!!!
あー、私が欲しいっっ。

夫も今日ぱらぱらと読んでました。
うむ。父親と育児についていろいろあったからしっかり読んでくれたまへ。

次号は8月。
楽しみ〜♪
定期購読と、あとバックナンバーを買おうと思ってます♪
author: もえ
子育て | permalink | comments(4) | trackbacks(0)
 
 

絵本の読み聞かせと手遊び


この後帰らないと言って大変でした(^^;)

NATURA CLASSICA / NATURA 1600


今日はミクシィの中のとあるコミュニティの中のイベントがありました(長いな…)。
会場となる青少年センターの前に機関車があることを知っていたので、おそらくそこでちょっと遊ばないといけなくなるだろうと早めに家を出て大正解。
案の定、機関車を見つけたやっちは一目散に駆けていきました。
まぁね。想定の範囲内(古いね)だよ、それは。

んで、広い和室についたらば、走る走る走る。
頭はうつし(それもとがったトコで…)、やっぱり私はヒヤヒヤし通しでした。あー、心臓に悪いわ…。

絵本の読み聞かせの時は一番前の特等席で聞いてました。母は後ろにいたのにまったく無視!
まったくもー。

でも楽しかった〜。
今までああいうのに参加するのが怖かったんだけど(なんせよく動く子供だったもんで…)、もう少し積極的に参加しておけばよかったなぁと後悔。

また何かあったら参加したいなー。
author: もえ
子育て | permalink | comments(10) | trackbacks(0)
 
 

落とし穴



OLYMPUS PEN-D / KONICA MINOLTA JX 400


やっちが鼻風邪を引いたようで、今日耳鼻科に行ってきた。
朝のうちは熱がなかったので耳鼻科を選択したんだけど、夕方あたりから少し微熱傾向。
お風呂をどうしようかと悩んだんだけど、本人が「入る」と言うので入って、いつもよりも1時間早く寝かせた。
やっち自身もだるかったみたいだし、薬も飲んでたから眠たかったんだろう。
あっという間に寝てしまった。

さっき様子を見に行くと、案の定布団も毛布も全部蹴っ飛ばしてた。
それを直して部屋から出るときに、なぜだかむしょうに神様に感謝した。

こんな私でもやっちは全幅の信頼を寄せて頼ってくれる。
神様っていう存在があるなら、私をこの子の「母親」に選んでくれたことに感謝。
あ、いや。選んだのはやっちか。
夢の中に出てきてくれたのはたぶんこの子だし。

なんで突然そんなこと思ったんだか。
わかんないなー。

たまにある日常の中のちょっとした「落とし穴」にはまったような気分だな。
ツーンと鼻の奥が痛くなっちゃうくらい幸せな時によくあるんだわ、これが。

ま、なにはともあれ。
GW前なんだから早く熱下げようぜ。
でないと、遊ぶ計画も全部だめになっちまう。
このGW中にやっちはフランス料理初体験なのです。ヒヒヒ。

author: もえ
子育て | permalink | comments(12) | trackbacks(0)
 
 

息子と私


行儀悪いですねぇ(* ̄m ̄)プッ
見てるのは父ちゃんがはずしたミニロトの紙です(*≧m≦*)ププッ

NATURA CLASSICA / NATURA 1600


1つだけ肝に銘じてることがあるんです。
それは…。

息子は息子。私は私。
息子は私の分身でも所有物でもなく、1人の別の人間。

これです。
もー、常に常に自分に言い聞かせておかないと忘れそうで。

そのうち自分の力で考えられるようになって、自分の進む道を自分で決めていくであろう息子(いや、そうでないと困るんだけど)。
その時になって慌てちゃうのはイヤなので、今からじんわりと自分に言い聞かせてます。
私にできることは美味しいご飯をつくって、学校から帰ってきた息子の顔を毎日みて、ヒトコト声をかけてあげることぐらい。かな。
多分、それでオッケーなはず。
彼の些細な変化を見逃さず、助けが必要な時に必要なだけを与えられればいいなぁと思う。
む、むずかし〜っ。

そのうちはなれちゃうのはアタリマエ。
そうでないと困っちゃう。
んだよね。

子育てって寂しい作業だなぁ。
子供が離れていくのを助けていくんだよ。
もちろん、それ以上に嬉しいこととか楽しいこともたくさんあるけどね。
author: もえ
子育て | permalink | comments(8) | trackbacks(0)
 
 

疑惑が晴れた


ひっさびさのロモ。
やっぱり、好きかもなぁ

lomo LC-A / KONICA MINOLTA JX 400


実は妊娠疑惑があったんですが。
というか、「絶対に妊娠してない」という確信はあったものの(やっちを妊娠した時とあまりにも違ってた)、ちょっと自信が揺らぎつつあったんですが…。
今朝、疑いは晴れました。
前に使った検査薬が残ってたので、まだ期限も来てないので使用。
見事な(?)陰性が出ました( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
やっちのときは規定の1分を待つことなく、さぁっと陽性のマークが出たんだよねぇ、しみじみ。
まだやっちは1人っ子生活を満喫するようです。

とーゆーことはぁ。
どっか体の調子が狂ったかなぁ…?うーん。
author: もえ
子育て | permalink | comments(16) | trackbacks(0)
 
 

課題



NATURA CLASSICA / FUJIFILM SUPERIA Venus 800


昨日「オーラの泉」に弘道兄が出てたので見てたら。
美輪さんの言葉に感動してしまった!

「『怒る』と『叱る』は違う」

というもの。
怒るってのは感情でかーっとなって「あたる」のと一緒。
叱るのは、そのかーっとなってるのを押さえて理性で諭すこと。
んー、ちょっとニュアンスは違うかもしれないけど、そういう感じでおっしゃっていた。
「最近の母親は『怒って』はいるけど『叱って』はない」とも。

あー、私普段は怒ってばっかだなと思った。
叱ってはないなぁと。

今日もお風呂でギャンギャン泣いてる息子に対してもついつい感情的になってしまって。
後でゆっくり顔を見てから
「何で泣いてるのか、母ちゃんにはわかんないよ。イヤなことがあったらちゃんと言葉で言ってみてよ。できる時はしてあげるから。できない時はちゃんと『出来ない』って言うから」
と穏やかに言ってみたら
「ごめんなさい」
と。
「もう怒らんでよ」
というやっちを抱っこしてやって
「やっちもわけがわからんで泣いてるんだよね。でも、母ちゃんもやっちがずっと泣いてるとしんどいよ」
と言ったら神妙にしていた。

私が穏やかに話しかけるように言ってやれば、やっちも聞いてくれるんだ。

でもでも、かーっとなってる時ってそれが難しいんだよね。
課題だな。
author: もえ
子育て | permalink | comments(10) | trackbacks(1)
 
 


去年よりはたくさん咲いたね

NATURA CLASSICA / AGFA Ultra 100


じ、実はひょっとすると明日初めて夫にやっちを預けて晩ご飯を食べに行くかもしれません。
いっしょに行くまゆみさんの体調次第なんだけど、もー今からどきどきです。

これまで実家に預けて出かけることはあったものの、夫に夜預けて出るなんてのは皆無。
うわー。大丈夫かなぁ…。
夫は前から「早く帰ってきたときは見ててやるから、友達と夜出かけてくればいいのに」と言ってはくれてたものの、私が怖くて出られなかったんだよねー。

晩ご飯を作ってから出かけないとなーと思ってたら夫が
「そろそろ実家に行って顔見せてくるよ」
と言うので、それもしなくてよくなった!!
おお、ラッキー♪

しかも明日は夫も休みなので、早い時間からでも出られそうだし。
うししししし。
ちょっと早めに出かけさせてもらって久々に1人の街を堪能しようかなーなんて思ってます。
やっちがいるとどうしても大型ショッピングセンターとかみたいなトコばっかりに出かけて街に出ることがほとんどないので、浦島太郎状態ですわ。

ので、まゆみさんの体調、よくなれ〜〜〜っっ!
author: もえ
子育て | permalink | comments(6) | trackbacks(0)
 
 

家で産む?


母ちゃん、きてる〜?

…密かにやっちがこっちを伺ってます(* ̄m ̄)プッ

NATURA CLASSICA / NATURA 1600


今日はfamのイベント、自宅出産を考える会。
興味はあるものの、ホントのトコどうなんだ?という感じの自宅出産。
ウチの夫はもうすでに乗り気なんですがね。
↑自分の子供が生まれてくるのに、見たいってのがアタリマエなんじゃないか…とは夫談。
よっぽど前回の出産で立ち会えなかったのが悔しいらしい…。
まぁ、そういう君は珍しいほうだと思うよ…。

でも、話を聞いてて(やっちのお陰で半分くらいしか聞けなかったけどね)、やっぱりやってみたいなーと思ったのが素直な感想。
やっちに見てもらいたいってのが大きな理由かなぁ。
後は会陰切開…だな。これはもう2度としたくねぇ!!
あとねー。
私は個人の病院で産んだんだけど、ミルクの時間が決まってるのに異様に違和感を感じたの。
やっちはたくさん飲む子だったから、途中から時間も量も合わなくなって、「もういいや〜」と好き勝手に飲ませてたんだけど(量も多くしたし)、あの決まった時間に決まった量のミルクが目安とはいえ決められてるってのは、初産婦さんにとっては結構なプレッシャーだと思う。
これだけ飲まないといけないのか…反対にコレよりも飲ませちゃいけないのか…。この時間じゃないといけないから泣いても放っておくけどそれが辛い…ナドナド。
お母さんの好きなようにさせるのが母子同室の本来あるべき姿なんじゃないかなぁと思ったわけです。

それが自宅だったらできるんじゃないかーと。
まぁ、私は途中からあんな目安は無視してたんですが、それでもやっぱりプレッシャーにはなったし、あとは…やっぱり休めない!!!
入院中何を考えてたって「早く家に帰ってゆっくりしたい〜」と思ってたんです。
おかしいでしょ?
看護師さんの目も気にしてたんですよねー。
「これをやったら叱られるかな?」とか「これは間違い?」とか。
そういうのがもー疲れて疲れて。
途中からは「私がこの子のお母さん!私が育てるんだから私が考えてやればいいんだ。誰にも文句は言わせねぇ!」と開き直ったんだけどさ。

いろんな超えるべき課題はあるけどねー。

自宅出産、前向きにちょっと考えてみようと思ってます。

が。その前に妊娠しないことには話にならんのよ。
うーん…。
author: もえ
子育て | permalink | comments(28) | trackbacks(0)